MENU

お金が貯まる家計の見直し5選

目次

お金が貯まる家計の見直し5選

・好きな洋服や化粧品が買えない・・・
・子どもの学費が足りない・・・
・長い老後の生活資金が不安・・・

お金がないとストレスや不安を感じてしまうもの。

ストレスや不安を解消して、

・モヤモヤをスッキリしたい!
・自由で楽しく過ごしたい!

と考えていませんか?

そんなあなたのために、お金が貯まる家計の見直しポイントを5つご紹介します。

  1. 家計を見える化する
  2. 毎月の固定費を見直す
  3. 毎日の行動習慣を見直す
  4. ふるさと納税をする
  5. つみたてNISAやiDeCoを活用する

なんだかむずかしそうと感じるかもしれませんが、ひとつひとつくわしく解説しますのでご安心ください!

私はこれで毎月黒字。お金が貯まりやすい体質に変わりました。

さらに毎月の収入を増やすとっておきの方法についてもコソッと紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

家計を見える化する

お金を貯めるためのはじめの一歩は「家計の見える化」です。

毎月、

・入ってくるお金(収入
・出ていくお金(支出

がどのような状況になっているのか見えるようにしましょう。

家計を見える化する方法はいくつかあります。

・家計簿アプリを使う
・家計簿ノートを使う

またかんたんな手書き家計簿でも大丈夫です。

重要なのはお金が入ってくる流れと出ていく流れを掴むこと。

あまり深く考えなくてもいいですよ。

家計の見える化で問題点を洗い出して、ひとつひとつ解決すれば、お金が貯まる体質に変わります。

家計簿アプリを使う

家計簿アプリをつかえば、気軽に家計を管理できます。

アプリによって違いはありますが、

・お金が入ったとき
・お金を使ったとき

に金額を登録するだけ。

毎日・毎月のお金の出入りがはっきりわかります。

また家計簿アプリによってはレシートの自動読み込み機能が付いています。

レシートを撮影したら、買ったものと値段を自動で登録してくれるすぐれもの。

いちいち手入力しなくていいから楽ちんです。

こんな人におすすめ
・毎日スマホを見る習慣がある人
・なるべく手を動かしたくない人

家計簿アプリのおすすめは「マネーフォワードME」。
銀行口座やクレジットカードと連携できるので毎日・毎月の家計からお家の総資産額までまるっとわかります。

家計簿ノートを使う

家計簿ノートは家計管理の定番です。

あらかじめ家計簿ノートに

・収入の記入欄
・支出の記入欄

など必要な項目の記入欄が用意されています。

あとは振り込まれたお金、使ったお金を入力するだけです。

家計簿ノートは簡単なものから難しいものまでさまざま。

自分に合った家計簿ノートを選びましょう。

こんな人におすすめ
・書くことで喜びを感じられる人
・あまりスマホを見る機会がない人

かんたんな手書き家計簿でもOK

「家計簿アプリも家計簿ノートもめんどくさくて始められない」

そんなあなたはかんたんな手書き家計簿でもOKです。

ノートの左側に「入ったお金」、右側に「使ったお金」を書くだけ。

毎月末に、

入ったお金 – 使ったお金

を計算して、入ったお金が多かったのか、使ったお金が多かったのか確認します。

家計の見える化ができるなら、必ずしも家計簿アプリや家計簿ノートを使う必要はありません。

やりやすい方法で見える化していきましょう。

私ははじめ、手書き家計簿からスタート。記録する習慣が付いてきたので家計簿アプリに切り替えました。

毎月の固定費を見直す

家計を見える化できたら、次は使うお金を少なくしていきます。

使うお金を少なくするもっとも効果的な方法は「固定費の見直し」です。

固定費とは

・家賃
・水道光熱費
・自動車
・生命保険
・携帯代(通信費)
・サブスク
・習い事

など、毎月一定の金額がかかるお金のこと。

今回は固定費の中でも見直しやすくて効果が大きい、

・保険
・携帯代(通信費)
・サブスク

をピックアップしてご紹介します。

火災保険を見直す

\顧客満足度94%の無料診断/

/利用者数650万人突破\

生命保険を見直す

あなたや家族の万が一に備える生命保険

でも毎月の保険料が家計の負担になっているなら、見直しが必要かもしれません。

・結婚したとき
・子どもが生まれたとき
・子どもが独立したとき

など生活が変われば出ていくお金は変わります。

また必要な保険も変わります。

大切なのは、いまの生活に見合った保険に変えること。

一度見直しを検討してみましょう。

無料で何度でも保険の相談ができる/

/強引な勧誘なしの訪問型\

老後資金のために養老保険を利用される方もいますが、掛け捨ての保険に切り替えて、NISAなどでつみたて投資を行うほうがお金は貯まりやすいです。

携帯代(通信費)を見直す

携帯電話・スマートフォンを

・docomo
・au
・ソフトバンク

で契約していませんか。

もし契約しているなら、格安SIMに切り替えることで携帯代を安く抑えられます。

docomoやau、ソフトバンクで快適にインターネットを楽しむなら、毎月5,000〜6,000円はかかります。

格安SIMならサービスは同じでも3,000円程度で済むことがほとんど。

格安SIMに変更するだけで2,000〜3,000円は節約できます。

格安SIMはページの読み込みが遅いというウワサがありますけど、私は不自由さを感じたことはありません。

サブスクを見直す

固定費として意外とバカにならないのがサブスクリプションです。

・動画配信
・音楽配信
・ニュース・雑誌の購読

など、チリツモでどんどん高くなってしまいます。

同じようなサービスを複数使っている、または使用していないサブスクを放置していることはありませんか?

この機会に見直してみましょう。

毎日の習慣を見直す

毎日の習慣を見直すのもお金を貯める改善ポイントです。

あなたが何気なく行っている日々の行動がお金を手放しているかもしれません。

・外食を控えめにする
・コンビニに行かない
・自動販売機を使わない

今回は上記の3つをピックアップしてご紹介します。

外食を控えめにする

外食は出費が大きい習慣のひとつ。

1回外食すれば家族で2,000円〜5,000円は使ってしまいます。

これが毎週となれば8,000円〜2万円と結構な出費です。

出ていくお金が多いと貯まるものも貯まりません。

ごはんを作るのが面倒なときは、

・レトルト
・インスタントラーメン
・冷凍食品

など手軽に済ませるのもアリです。

たまに手抜きをしたって旦那さんもお子さんも文句を言わないと思います。

あなたは頑張っているんですから。

私は土鍋で炊いたふっくらツヤツヤのごはんで、自炊のモチベーションを上げています。土鍋はHARIOの「フタがガラスのご飯釜」しか勝たん。

コンビニに行かない

コンビニに行って、無駄な買いものをした経験はありませんか?

・スナック菓子
・チョコレート
・スイーツ

などコンビニには、心をくすぐる商品がたくさん揃っています。

ついつい必要ないものまで買ってしまうこともありますよね。

便利で使い勝手のいいコンビニですが、思わぬ出費をしてしまう原因になってしまうことも。

コンビニに通う習慣があるなら、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

自動販売機を使わない

自動販売機を使わないこともお金を貯める秘訣。

ペットボトル1本買うと安くても100円かかります。

もしお家でティーパックのお茶や紅茶を作るとたったの数円〜数十円で済みます。

水筒を持ち歩く習慣があれば、無駄な出費を減らせますよ。

ふるさと納税をする

あなたや旦那さまが会社から給与をもらうとき、

・所得税
・住民税

といった税金が差し引かれます。

ふるさと納税を活用すると、差し引かれる税金をグッと少なくできます。

まだ活用していないあなた、損していますよ。

・ふるさと納税のしくみ
・ふるさと納税の控除額
・おすすめの返礼品

についてご紹介しますので、しっかりおさえておきましょう。

ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税は自分の故郷や、全国の自治体に対してお金が寄付できる制度です。

寄付するだけならお金は出ていく一方なのですが、ふるさと納税は、

・返礼品がもらえる
・支払った金額は所得税や住民税から控除される※

といったメリットがあります。

※支払った金額のうち2,000円分は個人負担となります。

つまり所得税や住民税の支払いを少なくして、さらに返礼品がもらえる超お得制度というわけです。

ハッキリ言って、やらない理由がありません。

ふるさと納税の控除額

ふるさと納税で控除できる金額は、年収や家族構成によって異なります。

楽天市場で控除額をシミュレーションできますので、参考にしてください。

\自分いくらふるさと納税できるのか調べる/

おすすめの返礼品

つみたてNISAやiDeCoを活用する

家計を見える化して、出ていくお金を減らせばお金が貯まる体質に改善されたといえます。

ですが、将来のためにより多くのお金を貯めたいならもう1ステップ。

・つみたてNISA
・iDeCo

を活用すれば貯めたお金を働かせて、より多くのお金を手に入れることができます。

私はつみたてNISAを将来(老後)のためにお金を貯めたいと思ってはじめました。毎月1万円の少額投資ですが、利益はしっかりと出ています。

つみたてNISAをはじめる

つみたてNISA(ニーサ)は、少ない金額で長い期間つみたて投資ができる制度です。

投資は利益が出ると金額にあわせて税金を支払わないといけませんが、つみたてNISAは税金がかかりません。

利益が出た分、まるっとお金が受け取れるのでとってもお得。

口座の開設や運用実績は以下のページで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

楽天つみたてNISA運用報告はこちらから見れます。

つみたてNISAは国が認めた投資商品のみ取り扱っています。あやしい投資商品はすべて取り除かれていますので初心者でも安心して活用できます。

iDeCoをはじめる

iDeCo(イデコ)は60歳までの期間、つみたて投資ができる制度です。

つみたてNISAとおなじく、利益にかかる税金はゼロ。

さらにつみたて金額がすべて所得控除の対象となりますので、所得税の支払いをぐっと減らせます。

60歳までつみたてたお金を引き出しできないデメリットはありますが、老後の備えとしてはバッチリです。

iDeCoを始めるなら、楽天証券がわかりやすくて使いやすいですよ。

\ 投資の運営手数料が無条件でずっとタダ! /
楽天証券でiDeCoを詳しく見てみる

副業で収入をアップする

お金を貯めるスピードをもっと上げたいなら、副業で収入源を増やしましょう。

収入がアップすれば、お金はどんどん貯まります。

「でも家事や育児もあるし、忙しくてそんな時間ない・・・」

そんなあなたにはスキマ時間で気軽に行える、

・ポイ活
・アンケートモニター
・せどり

がおすすめです!

ポイ活をはじめる

ポイ活はかんたんにいうと、ポイントを効率よく貯めて上手に使うことです。

もらえる金額:500円~10万円
むずかしさ:★☆☆☆☆

ポイントの基本的な貯め方は5つ。

・スーパー・コンビニのポイントを貯める
・ネットショッピングで貯める
・クレジットカード決済で貯める
・電子マネーで貯める
・ポイントサイトで貯める

おすすめはポイントサイトを活用してポイントを貯める方法です。

上手に活用すれば、数千円から数万円相当のお金が手に入ります。

私は「ポイントインカム」というポイントサイトを使ってポイ活をしています!スキマ時間を活用するだけで、毎月たくさんの日用品を無料でGETできますよ。

詳しくは「【お得生活】ポイ活とウェル活は主婦にとってもおすすめ!」で紹介しています。

ぜひチェックしてください。

アンケートモニターをはじめる

アンケートモニターは商品やサービスのアンケート調査に答えて、謝礼を受け取る副業のひとつです。

もらえる金額:1000円~5万円
むずかしさ:★★☆☆☆

アンケートにはいくつか種類があります。

・Webアンケート
・電話アンケート
・会場調査
・グループインタビュー

もらえる金額が高いのは、Webアンケート < 電話アンケート < 会場調査 < グループインタビューの順です。

ただし会場調査やグループインタビューなどは開催地が限られていますので、参加できる機会は少なくなっています。

気軽にはじめたいならWebアンケートがおすすめですよ。

Webアンケートだけでも2〜3万円は稼いでいる人は沢山います!

おすすめはポイントインカム

ポイントサイトのポイントインカム

ポイントサイトでおすすめは断トツポイントインカムです。

数多くのポイントサイトに登録してきましたが、ポイントインカムはイベントも多くポイントが貯まりやすいので、ポイントサイトに悩んでいる人はポイントインカムを登録しましょう。

せどりをはじめる

せどりは仕入れた商品を、仕入れた金額より高く売って利益を得る方法です。

もらえる金額:3000円~100万円以上
むずかしさ:★★★☆☆

たとえば、楽天のお買い物マラソンやAmazonのプライムデーなどお得な期間に購入したとします。

その商品をメルカリやヤフオクなどで売れば数千円くらい手元に残ることになります。

このように利益を得ることをせどりといいます。

先に商品を購入するので元手となるお金が必要ですが、サクッと数万円、さらに本業以上に稼げることもありますよ。

せどりで仕事をやめて、自由に暮らしているママさんもたくさんいます。

まずは家の要らないものを売るところから

とはいっても最初の一歩はなかなか踏み出せないですよね。

「はじめからせどりなんてできない」というあなたは、まず家の要らないものを売るところから始めましょう。

実際に売れることを体験すれば、せどりがもっと身近に感じられますよ。

要らないものをどんどん売って、家の片づけもしてしまえば心がスッキリ。穏やかな気持ちになれて一石二鳥です!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる